菅原睦子|「カエル帽子の冠」

¥ 22,000

5/12-17まで個展「冠をさずける展(なんてえらそうなタイトルを!)」を開催の菅原睦子さんのペン画です。以下、個展案内テキストより。

それはあるFacebookの投稿から始まる。
自身の髪でウィッグを作ったとの投稿だった。投稿したのは冨永監督の映画撮影にお店を貸してくれたAさん。癌になりましたと。私はその投稿の少し前に彼女の笑顔に会っていた。悲しい気持ちに襲われると同時に、彼女の頭に何か楽しくなる帽子のような、頭を何か綺麗なもので飾ってあげたい気持ちも生まれていた。

金色に塗られた絵本の上に
騎士たちの甲冑の上に
王たちの冠の上に
ぼくは書く おまえの名を

頭にのせることを決めた時、ポール・エリュアールの『リベルテ』の一節が頭に浮かんだ。「冠をさずける」なんて偉そうなタイトルだろうと思ったが、誰も知らないような小さな菅原睦国であれば許してもらえるなと。でもちょっと心配だったので言い訳のようなサブも添えた。私のさずける冠故、変なものが頭にのっているけれど、どれも大事な冠なのだ。今回は24の冠だけれど、多分この冠をのせる絵は尽きることなく続く。冠は無数にあり、冠をのせたい人もたくさんいるから。


作家名|菅原睦子
作品名|「カエル帽子の冠」 
サイズ|364×257mm
制作年|2020年
素材技法|紙にペンと墨

※額装込みの価格です。(額タイプはお任せになります)
※入金から発送まで2~4週間程度お時間を頂戴します。
※掲載写真と実際の作品の色味が異なる場合があります。
※お客様都合による返品はお受けできません。

作家情報|菅原 睦子 すがわら・むつこ
岩手県北上市出身、仙台在住。
映画祭等に関わりながら、長期のルーティンとして年1回の個展を春に行う。
いつか小説の挿絵を描く人になりたいなあとの妄想で、ここ数年なんとか描き続けられている。
[個展]
2020「冠をさずける展(なんてえらそうなタイトルを!)」
    Gallery TURNAROUND(仙台)
2019「彼岸ノほとりコ(○のなかにコ)」 Gallery TURNAROUND(仙台)
2018「ぽつんとてん」 Gallery TURNAROUND(仙台)
2017「とお←→ちか」 Gallery TURNAROUND(仙台)
2015「まとう人」 cafe&gallery HANGAROUND(仙台)
2014「ハコニワチヘイセン」 cafe&gallery HANGAROUND(仙台)

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Yamato Transport

    Your delivery status can be checked online.

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 750JPY
Report